広告

ダイエットメニュー

早朝マラソンの危険性Marathon

  • 運動神経が確実に動き始めるタイミング、つまり目覚めてから6時間前後が最も効果的。逆に食事の直後や、空腹時はよくありません。効率的な脂肪燃焼は、食間の運動で可能になるからです。

早朝マラソンは遅くても朝6時から始めます。 朝6時から始めるということは夜中0時に起きなければなりません。

はっきり言います。不可能です。

たとえ朝5時に起きて6時からマラソンをしても、脳と身体はまだ半分寝ている状態ですから酸素が脳、または身体全体に行き届かず無理やり起こしている状況になります。

するとどうなるでしょうか?

脳や身体に酸素が行き届いていない状態で走るとみるみる血圧が上がってしまいます。お年寄りにはよく聞きますが、早朝マラソンでの心筋梗塞を引き起こす可能性が非常に高まってしまいます。

たしかに、朝食前に2~30分程度の運動は脂肪の燃焼効率が一番良くて通常の1.5倍の効果がありますが、それだけ身体に負担をかけているのだと自覚することが大切です。


ダイエット情報満載のメールマガジン

 

こちらから簡単に登録が出来ます。

メルマガの解除も簡単に行えますのでお気軽にご登録ください。

本メルマガは、ダイエットや美容に関する情報のみを取り扱っております。

広告